【城北支部】
松永忠さん(太陽メガネ/北区中里)


【パーソナルデータ】
生年月日:昭和13年生まれの蠍座
血液型:A型
趣味:ゴルフ、将棋
モットー:誠実。

【本文】2011年3月号掲載
 昭和44年に創業し、この地で43年間にわたり営業されている松永忠さん。昔から地域密着店として、ご近所の方々に対して“誠実”に接していくことをモットーにされている。
 就職難の時代、知人からの紹介で眼鏡業界に関わることになった。初めは、問屋業だったが、いずれは独立しようと考え、加工や測定技術など、身になるものは貪欲に見て覚え、やがて小売業として一本立ちすることになったという経緯を持つ。
 独立するにあたり、ご出身が四国の徳島県で、同郷の業界関係者が少なくなかったことも励みになったといえそうだ。
 お一人で年中無休のお店を切り盛りされているため、商店街の仕事はもちろんのこと、組合関係の仕事もなかなかできない状況。しかし、年に1回の支部活動だけは参加するようにされている。
 時代とともに駅前の商店街の人の流れが変化。30年ほど前からレンズ加工の下請けを始めるようにもなった。
 松永さんは、眼鏡技術者の法制化については高い関心を持っており、「メガネ業界は世の中に必要とされる仕事にも関わらず、資格制度がないのはおかしい。植木屋職人(造園技能士)、床屋、美容師にも国家資格制度があるのだから、むしろ早い時期にあってもいいものと思う」と話しており、現在進んでいる技術者の法制化運動に大いに期待していた。


<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*