2016年度「第14回メガネ川柳コンテスト」の公募受付は8月31日で締め切りました。

今年も多数の応募をありがとうございます。
なお、入賞作品は10月中旬に発表する予定です。
第13回メガネ川柳コンテスト

849句の中から選ばれた優秀作品
今回の最優秀作品はこちら
◆◇◆ 最優秀作品 ◇◆◇

いい眼鏡 顔に心に フィットする
さすらい

おめでとうございます。
やっぱり心地いいメガネというのは、見え方だけでなく掛け具合が大切ですね。
近年、新しい形状記憶合金や柔らかい樹脂素材、作りで工夫されているフレームなど
様々なフレームがあふれています。
ためし掛けをしてみると、ツルの部分で側頭部に適度に押さえる感じがあり、軽く
掛け心地がいい、と思えるフレームが増えています。
でも、メガネがを本当に快適にフィットさせご利用いただくためには
「フィッティング」という掛け具合の調整が必要なのです。
最新の技術のフレームでも所詮は工業製品、
新しいメガネをお渡しする際には人の手による細かなフィッティング調整は欠かせないのです。
今お使いのメガネが合っているかどうか、右のページの
「自分でできるフィッティングチェック」を是非行ってみてください。
そして優秀作品2句です。
◆◇◆ 優秀作品 ◇◆◇

まだ見える まだ見えるはず ひじ伸びて

新人老眼

うまい!面白い!
そうそう、離せば見えるんです、離せばね。
でも満員電車のなかなどですと、そうは伸ばせませんからね、無理をなさらず
メガネを利用しましょうよ。


抱き起こし ベットの父に メガネかけ

らくちゃん

このメガネ川柳コンテストの入選作品としては異色作と言えるのではないでしょうか
面白さでの入選ではなく、とても現実的な作品で、それが印象に残ります。
人は情報の80%を目から得ていると言われます。
寝たきりの介護が必要な方で、TVなどを見るしか楽しみがない、という方もいらっしゃるでしょう。
メガネをかけても残念ながら視力の出にくい方もいっらっしいます。
でも、不自由さを感じていらっしゃるなかでやはり「見ること」は大事なのでしょう。
家族だから、という優しさだけではない
色々なことを考えさせられる作品ではないでしょうか。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

次は佳作5作品です。
◆◇◆ 佳作 ◇◆◇

壁ドンを されてメガネが 少しズレ
紫陽花の宮

私、壁ドンをする側にも、もちろんされる側にもなったことないのですが
壁ドンって怖くないんですかね?いくら相手がすっごいイケメンだとしても
いきなりドンって行く手を遮られるのですよ。
やっぱり怖いからメガネもずり落ちるんですよね??


母似だが メガネかけると 父に似る
りのんぱ

ハリセンボンのはるなさんからですかね?
卓造さんとはるなさん、ホント似てますねー。
あのCMホント傑作。
あー、DNA検査を受けてもらって結果が知りたい、是非知りたい。


うちの父 メガネもギャグも よくすべる
よんよんいち

ギャグがすべるのはセンスの問題ですからね、お父さん自身の問題ですね。
メガネはそうじゃありません。
最近のレンズ、ほとんどがスベルンです。汚れが拭き取りやすいコーティングがされているんですね。
特に傷に強くて埃などの付着を抑えるレンズなんてもうツッルツル。
つるんつる〜んのしゅっしゅっしゅっ、って感じでメガネのお手入れもと〜っても
楽なんですね。
あれ、もしかして私、この句の解釈間違っていますかね?
よんよんいちさんが詠っているのはメガネがずり下がることを読んでいるんですかね?
だとしたら、この作品、私たちからすると本当は入選まであと一歩のコーナーで紹介するべき落選作だったのでは・・・???



体重計 予期せぬ数字に メガネ取り
メガネ女子

う〜ん、乙女心。
面白い句って、わずか17の文字で作られた短い言葉から、その絵がぱっと浮かんできますよね。
この句なんて四コマ漫画になりますね。
面白いです。

最後はえー、定番です。


あたらしい メガネで輝く その笑顔
かっぱる

やっぱり、私たちとしては、出来上がったメガネをお渡しする時
全ての方々にこうであってほしいと願っております。
今回もまだまだ面白い作品がこれだけ沢山寄せられてきました。
まだまだメガネにまつわる川柳楽しめそうですね。
【第13回 メガネ川柳コンテスト 落選集】はこちら
○過去の「メガネ川柳コンテスト」の入選作一覧

<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*