アースフレンズ東京Zの試合に協賛

 組合と(公社)日本眼鏡技術者協会・東京都支部は10月1日の「メガネの日」、東京都大田区南蒲田の大田区総合体育館で開催された『アースフレンズ東京Z』の試合に協賛し、約25本の組合の幟を設置したほかに、技術者協会の視力表とリーフレット2種と眼鏡技術者国家資格推進機構のリーフレット2種を1セットにした配付ツール300セットを来場者一人一人に手渡し、メガネの日をはじめ組合加盟店及び認定眼鏡士のPR活動に取り組んだ。
 試合の休憩タイムには、白山理事長が約1300名の来場者を前に挨拶し、10月1日メガネの日から10月10日の目の愛護デーまでの、目とメガネの旬間期間中のメガネ業界について説明。さらにアースフレンズ東京Z専属チア「Zガールズ」が、全員メガネフレームを着用する応援パフォーマンスでメガネをアピール、会場内を盛り上げていた。

<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*