【最近話題の曲がらないフレームについて 】
TVのCMなどでも紹介されております超弾性フレームや、携帯電話のアンテナと同じ素材を使用したというフレーム。
ホントにこれらの素材は曲がってももとに戻るのでしょうか?

答えは、戻ります。

では、壊れないフレームなのでしょうか?
残念ながら、答えはNOです。
超弾性フレームやβチタンフレームは、材質上使用されている個所が限られています。
テンプル部やブリッジ部に使われてはおりますが、
レンズを収めるリム部やよろいと呼ばれている部分は通常のチタン合金がほとんどです。
衝撃に強い素材ではありますが,むしろその特性は「快適な掛け具合を永く保つため」と捉えていただく方がよろしいかもしれません。
ゆえに、これらのメガネは、「曲がりにくい・型が崩れにくい」フレームではあっても絶対に壊れないものではございません。
やはり、メガネは両手で掛け外しを行っていただくことが快適な掛けゴコチ、正しい視力を守ることになります。

当組合加盟各店では皆様にメガネを永く、快適にご利用いただくためのハンドブックをお渡ししております。
ご希望の方は組合加盟各店までお問い合わせ下さいませ。
 

<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*