あなたのメガネは「合って」いますか?
自分でできるフィッティング・チェック
 
メガネをかけて頭上から他の人に見てもらったとき、左右のレンズはそれぞれの目からどのくらいの距離にありますか?
左右で距離が違えば異常です。12mm以下が標準値。

 
目とレンズの距離を専門用語で「角膜頂点間距離」と言います。正確には黒目の一番出っ張っている部分からレンズ裏面(メガネレンズの内側)までの距離です。

メガネ処方は通常、この角膜頂点距離が12mmになることを前提に行われます。つまり、角膜頂点距離が12mmでなければ、そのメガネは処方通りの見え方にならないということです。当たり前の話ですが、左右の角膜頂点距離が違う場合は明らかに調整が正常ではありません。

前の項目でテンプルの角度が左右で違っていても、この角膜頂点距離が同じであれば、それはメガネをかける人の顔に合わせて意図的にメガネの方を左右非対象にしているので問題はありません。

また、例外的に角膜頂点距離を12mm以下、またはまつ毛とレンズの接触を防ぐために12mm以上にする場合もありますが、その場合にはメガネ処方の段階でそのことを考慮に入れて検査します。


<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*