あなたのメガネは「合って」いますか?
自分でできるフィッティング・チェック
 
メガネを外して真上から見て、左右のレンズはどういう方向を向いていますか?
メガネを外して真上から見て、左右のレンズはどういう方向を向いていますか?

 
レンズには「光軸」という軸があります。ここでは「レンズの真ん中をレンズに対して垂直に通る線」と思ってください。
左右どちらかのレンズの光軸が、反対側のレンズの光軸に比べて上か下を向いていたらそれは明らかに異常です。メガネ全体が鼻の部分でねじれていることが考えられます。

また、遠くを見るためのメガネでは、左右のレンズの光軸はおおむね平行くらい、近くを見るためのメガネではおおむねやや内側を向いているのが正常です。
人間の視線は遠くを見るときは平行になり、近くを見るときはやや内側を向くので、その時の視線とメガネの光軸を合わせることで処方どおりの見え方になります。

厳密にはとても難しいお話になるので疑問があれば信頼のできる専門店で相談してください。「メガネ全体が鼻の部分でねじれている」・「左右のレンズの光軸が平行よりやや外を向いている」、この二つは正常ではないとお考えください。


<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*