【千代田支部】
辻岡武蔵氏(セイコーオプティカルブティック丸の内/千代田区有楽町)



【パーソナルデータ】
生年月日:1979年(昭和54年)生まれの山羊座
血液型:AB型
趣味:ウォーキングとランニング(健康のために)
モットー:「人格が変われば運命が変わる、運命が変われば人生が変わる」

【本文】2019年6月号掲載
 2015年9月15日にリニューアルオープンした“セイコーオプティカルブティック丸の内”。前身は約45年間この地で営業していた「丸の内視覚センター」である。運営会社の(株)クロノスは、全国有名百貨店内で時計・メガネ・時計修理を扱う国内最大規模の販売専門会社で、セイコーホールディング(株)グループの一員である。その中でメガネを扱っているのは、大阪の阪急梅田店、阪神梅田店、阪急千里店、兵庫の阪急川西店と同店の5店だ。
 リニューアルで大きく変わったことは、お客様の視生活を認定眼鏡士の資格を持つスタッフがサポートし、確かな知識と技術で最適なメガネを提案するだけではなく、「ファッション性」の提案に力を入れたこと。店内には、世界の一流フレームメーカーをはじめ国内の人気商品をセレクトし、機能性・デザイン性・ファッション性すべてを兼ね備えた逸品を展示。丸の内界隈でお勤めの方に提案している。
 辻岡武蔵氏は2018年4月、同店店長に就任した。それまでは大阪の阪急梅田店のメガネ売り場を担当していた。もっかのところ単身赴任の身で仕事に勤しんでいる。若い頃から独立心旺盛で、学業を終えたあと、たまたまメガネと出会い、自力でメガネ店を開業され、眼鏡業界との関わりが始まったが、6年前に縁あって(株)クロノスに入社された。自営でお店を切り盛りした頃も、クロノスに入社後も、技術や知識を磨くための勉強は欠かさなかったという。
 辻岡店長は「昔から言われているように、メガネは雑貨的な商品と違い、半医半商的な面があり、お客様は真剣に快適な視生活を得ようとご相談されることが多い。そのお客様の話を伺い、作ったメガネがぴったりと合ったとか、お勧めしたフレームが大変気に入り喜んでいただいたとか、このような経験が出来る仕事は、他にはない。それだけにやりがいがある。AIの進歩等で、いろいろなところで機械化が進むだろうが、メガネを作る仕事は取って代われない部分が多い」と眼鏡技術者の魅力について話す。
 その辻岡店長が大切にしているのが、『心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。』というヒンズー教の経典の言葉。これをモットーにしている。
 月に一度の里帰り、あるいは会社のミーティング等で多忙な日々は続くが、今後組合員との交流を通じて、業界関係の情報交換が出来ればと話していた。 

<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
個人情報保護方針



*