【新宿支部】
舩戸康男さん(フナト眼鏡院/草加市氷川町)


【パーソナルデータ】
生年月日:昭和40年生まれの蠍座。
血液型:O型
趣味:ゴルフ。
モットー:真摯。嫌なことは後に回すな!

【本文】2012年1・2月号掲載
 舩戸康男氏は、「組合だより2011年11月号」でご紹介した舩戸好則氏(江東支部、タマエメガネ)とは、タマエメガネの舩戸久兵衛社長の実弟が同社の舩戸實社長という、従兄弟関係にある。
 さらに両氏の奥様自身もご姉妹という少し珍しい関係でもある。
 初めは實氏がお兄様のもとで修業され、その後新宿区幡ヶ谷でお店を切り盛りすることになった。しかし、出店していた場所が甲州街道の高架陸橋工事に伴い立ち退きを迫られたため、昭和46年に生まれ育った埼玉県草加市に移転された。
 組合とは、その新宿時代に加入されたが、ほかにもこの時代はレンズメーカーや小売、卸商社らが集まるグループやボランタリーチェーンなどにも積極的に参加された。
 お父様の働く姿を見て、幼い頃からお店を継ごうと考えていたわけではなかった。むしろ、継ぐつもりはなかったそうだが、大学3年生の時、先代が草加駅前に店舗を構えたのを機に決心されたという。大学を卒業後、都内の眼鏡専門学校に入学。卒業後、都内のチェーン店で7〜8年ほど修行し入社された。そして現在は2代目としてお父様を支えながら、お店を切り盛りされている。
 モットーにされている「嫌なことは後に回すな」は、修業時代(サラリーマン時代)に身につけたもの。そして「真摯」は、当たり前のことだが「お客様に嘘をつかない、ごまかさない」という意味を込めており、いずれも日頃から常に心掛けている言葉だ。
 組合関係では青年部に所属され、現在は副部長としてご活躍中。初めて参加された時は年上の方々ばかりだったため、なかなかなじめなかったが、貴重な情報交換などを通して有意義な交流を重ねていくうちに、親しくなっていったという。
 定休日には、家族サービスかゴルフをされているとか。そのゴルフは5年ほど前に始めたばかりだが、最近は今年高校に進学するご子息様とともにラウンドすることもあるという。羨ましくなるような良い関係をご子息様と築かれており、いずれゴルフで真剣勝負をしたいと考えていらっしゃった。

<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*