【メガネのお手入れ方法】
拭くレンズふち(リム)をしっかり支え、円を描くようにていねいに拭きます。専用レンズ拭きか、ティッシュペーパーをご使用ください。

水で砂やホコリを流し、よく拭いてください。
レンズの汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めた液で軽く洗い、水でよくすすいだ後過ぎに良く拭きとってください。
アルカリ系の洗剤は使用しないでください。コート幕が劣化しはがれる原因となります。アルコール類でメガネを拭かないでください。フレームの樹脂が侵され、変質、劣化の原因となります。

カビ取り剤、薬剤(トイレ、浴用洗剤)やアルカリ系の洗剤(石鹸、ハンドソープ、ボディソープ等)、酸性洗剤、化粧品、整髪料、ヘアスプレー、油、汗、レモンなどの果汁がついた時は、すぐに水洗いをして良く落として拭きとってください。そのままにしておきますと、レンズにシミなどが残り、取れなくなったり、コート膜がはがれたりします。
年に一度はお買い上げの販売店で点検・調整をしてください。
メガネを大切にお取り扱いください。
フレームやレンズの素材の違いや使用状況によって異なりますが、メガネも古くなりますと樹脂が折れたり、金属がはがれたりすることがあります。また、メガネを修理した場合、修理箇所が修理前に比べて弱くなりますので、よりていねいにお取り扱いください。
 


急激な温度差(例:-20℃〜常温)があると、レンズのコート膜にヒビが入ることがあります。見え方に異常を感じられたら直ちに使用を中止してください。
プラスチックレンズは、60℃以上でコート膜にヒビが入ることがあります。
レンズが水に濡れたら、すぐに拭き取ってください。乾いてしまうと、水のシミのようになって取れなくなり、見えにくくなります。
ばね丁番のメガネフレームは洗浄にご注意ください。
メガネを熱湯で洗ったり、ヘアドライヤーなどの熱風を当てないでください。また、サウナでは使用しないでください。
熱いアイロンや熱い油、ストーブなど高温のものに近づけないでください。
安易に接着剤で固定しないでください。フレームレンズの破損になります。

<< 戻る >>
日本眼鏡販売店連合会・東京支部
認定眼鏡士のいるお店でメガネを作りましょう!
個人情報保護方針



*